個人事業主でもキャッシングを利用するには?

個人事業主の方、毎月の資金繰りは、この不況の時代とても大変だろうと思います。健全な事業活動をしていても、得意先からの入金が万が一遅れてしまった場合、現金が無くて仕入先にお金が支払えない…ということは十分ありうることです。このようなことを避けるため、資金をどう調達するかをあらかじめ考えておかなくてはなりませんよね。

個人事業主の方でも、このようなピンチの時に早急な対応をしてくれるのが、キャッシング。カードローンです。個人事業主の場合、一般の個人とは違って申し込み時の必要書類が多いのですが、そのような手間も加味して、あらかじめ申し込んでカードを用意しておくのか得策と思われます。

と申しますのは、申し込みをして即日で現金が手に入るとは限らないからです。先に述べました通り、個人事業主の場合は、確定申告書や青色申告決算書など、必要書類が多く、準備に時間がかかります。その上、審査も即日結果がでるわけではありませんので、数日待たされる可能性もあれば、もしかしたら審査に通らないかもしれません。そういったリスクを回避するために、今すぐ必要でなくても、あらかじめカードを準備しておくと、余裕を持って対応が出来ます。

一般の個人としてお金を借りる際は、総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れが出来ないことになっていますが、個人事業主の場合は総量規制の対象外になっています。なので、相談次第で希望の限度額を交渉することができます。とはいえ、返済が第一ですから、赤字経営や年収が少なかったりすると、審査の通過はもちろん難しいでしょう。

申し込みの際は、いくらまで借りれるかという限度額と金利や返済方法について確認をしましょう。ご自分の事業の資金繰りを見直す新しい観点として、キャッシングについて考えてみるのもいいかもしれません。

閉じる