消費者金融が力を入れる一定期間無利子のキャッシングとは?

最近、消費者金融のCMや広告で、「30日間無利息!」という文字を目にする機会が多くありませんか?給料日はすぐそこに迫っているのに、冠婚葬祭や急な飲み会でお金が足りない…!そんな時に、このようなサービスが使えたら便利ですよね。

無利息、というのは、その名の通り利息がかかりません、と言うことです。利息とは、利子、金利と呼ばれるものですが、消費者金融の広告を見ると「金利○%~○%」と書かれていると思います。これは、返済する金額の○%を利子として一緒に支払います、と言うことです。この○%が、ゼロということが、この無利息のサービス。これはお得ですよね。

このようなサービスは、初めて借り入れをする利用者向けに提供されていることが多いようです。その無利息期間も、消費者金融によって様々で、30~180日間が主流です。金額の制限を設けているところもあります。あまり高額な借り入れは出来ないところが多いです。他にも、期間限定のキャンペーンで、この無利息期間のサービスを行っている消費者金融もあります。

ただし、この無利息期間を過ぎてしまうと、やや高めに利息が付いてしまう場合があります。給料日が目の前、返済出来る算段がある、という場合に利用したいものです。そうでないと、返済が大変になってしまいます。特に利息は高く付かない、という消費者金融もあったり、無利息のサービスを利用するには、他のサービスの登録が必要など条件がある場合がありますので、あらかじめ調べてから借り入れをしましょう。

無利息、とはいえ、決してご自分の所持金になったわけではありません。もちろん返済があります。むしろ返済をしなければ無利息にはなりませんから、しっかり返済ができる確信を持ってから借り入れをしましょう。無利息に油断して、借り入れをしすぎないように注意しましょう。本当に必要な分だけ、返済出来る分だけ、計画的に上手に利用したいものです。

閉じる